事務所案内

 

社会保険労務士 丸山事務所は労働トラブルの未然防止に力を入れています

社会保険労務士 丸山事務所の目標

社会保険労務士丸山事務所はさいたま市大宮区大成町に開設した、

大宮ハローワークに一番近い社会保険労務士事務所です。

地域一のお役立ち社会保険労務士事務所を目指しています。

社会保険労務士 丸山事務所の使命

「会社の発展とそこで働く社員の安全と幸福の実現」を応援する

社会保険労務士丸山事務所は、社会保険・労働保険等の手続き業務を核に、

  • 経営基盤の強化支援
  • コンプライアンス支援
  • 労働災害の排除支援

を通じて御社の発展を応援します。

社会保険労務士丸山事務所の役割

社会保険労務士(社労士)の仕事は多岐にわたっています。それを敢えて一言で申しますと、会社の基幹資源といわれる、「ひと」、「もの」、「かね」、「情報」の中での「ひと」、すなわち「人材」に関しての業務を通じて会社を支援することです。

社会保険、労働保険の手続きは「人材」に対するセーフティーネットの確保

社会保険労務士の業務の中核を占めるのは、なんといっても社会保険、労働保険の手続きです。人が入社し、そして退社するまでの間、人は大げさに言えば人生を掛けて会社に貢献する訳です。ですから、不幸にして勤務の途中で傷病に罹ることがあったならば、セーフティーネットである労働災害補償保険や健康保険による保証を享受できなければなりません。また、退社した後の雇用保険による手当てや、老後の年金も安心して受けられるようにすることが会社の最低限の務めになります。社会保険労務士丸山事務所は、社員が安心してその能力を発揮できる基盤を整備するために社会保険、労働保険の手続きを会社に代わって確実に行います。

助成金、奨励金、交付金の手続き、申請

助成金、奨励金、交付金とは、融資と違って返さなくて良いお金です。条件が合えば最大限利用する方がお得です。社会保険労務士丸山事務所では、主として雇用保険、介護保険等の社員にまつわる助成金、交付金等の手続き、申請およびフォローを会社に代わって行います。

就業規則は会社の要

会社は社員が命です。その社員を活かすも殺すも会社の人事制度です。就業規則は、人事制度の中心に位置しています。まさに会社の要と言えます。

就業規則は労働基準法において常時の社員を10名以上の事業所にその作成と届出が義務付けられているおかげで、10名未満では不要と誤解されているところがあります。当然ですが、9名未満では作成と届出が義務付けされていないだけで、作成が不要といっているわけではありません。気心も知れた身内だけで会社が構成されているところは別として就業規則は絶対に必要です。

社会保険労務士丸山事務所では、既に就業規則をお持ちの会社には、就業規則の簡易診断サービスを提供しています。また、顧問をさせて頂いている会社には、業績の向上につながる就業規則、その他の規則を提案させていただいています。

人事制度

就業規則が、人事制度の中心に位置していますが、就業規則だけで人事制度を満たしている会社はないでしょう。人事制度とは、会社の維持・発展の視点からのなる人材を有効に活用するための基本の人事システムです。次のような制度、サブシステムからなっています。

  • 職務分析・職務評価制度
  • 等級制度
  • 人事計画、採用
  • 異動・昇給管理システム
  • 給与管理システム
  • 能力開発研修システム
  • 勤務体制
  • 労働時間管理システム
  • 作業環境管理システム
  • モチベーション管理システム

かって、日本では終身雇用と年功序列が人事制度の基本を成していました。右肩上がりの世の中では、それはそれで適正に機能していましたが、業界全体が伸びる時代が終焉してからは伸びる会社と伸びない会社に2極化が始まりました。外部環境が変わった中で従来と同じ年功序列を基本とした人事制度はうまく機能しなくなった訳です。世の中の動きに合わせて、会社もその動きを変えていかなければなりません。世の中にマッチした人事制度を持つ会社は発展します。

社会保険労務士 丸山事務所は、経営者と一体となって会社の発展と社員の幸福を支援します。