賞与の税金

(Last Updated On: 2018年11月27日)

顧問先の社長さんから、「今期は業績が非常に好調で、唯一のスタッフであるAさんの賞与を、事業立ち上げより常に先頭で頑張ってくれた部分を労う意味合いで額面〇〇〇万円でシミュレーションしてみたく思います。」と連絡があった。この金額は、いつもの賞与額のうん倍もあり、大企業でも簡単に支給されない額でしたので、ちょっと驚きました。とは言え、社会保険労務士として、このようなお話はうれしいものです。

雇用保険料、社会保険料と源泉税額を計算して提示すると、源泉税額の高さに当惑したようでした。源泉税は、一回の賞与で支払うので高く感じるが、分割で支払っても年間の税額は変わらないこと、年末調整で還付されることを伝えると、還付金額をシミュレーションして欲しいと依頼された。当方は、給与計算も年末調整も業務として行っていないので、困ったことになったと思いつつも、これも勉強と気を取り直して引き受けた。

早速、税務署から来ていた小冊子をひっくり返したり、ネットで調べたりして、3つのケースの支給額ごとに還付額を計算して提示した。社長からは、直ぐに一番高い金額に決定したとの返事を受けた。

このような社員想いの会社の益々の発展を願わずにはいられません。久々に「満たされた仕事をした」思いに浸りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください